2011年03月24日

地震と政治

最近「水戸学」に関する文献を方々で漁ってますが、その中に一寸気になる一文が。

 「天災というのは、時の政治情勢に呼応するような形でやってくる。」

 お読みの諸賢ならすぐピンと来るでしょうが、無論安政の大地震のことですね。(今日の朝日新聞の「天声人語」も参照。http://www.asahi.com/paper/column.html)何だか厭ァな一文です。

 政権末期と言われて久しい現政権ですが、しかし、言われているようなもたつきを、個人的には、感じません。抑々このような天災人災の後はどのような対応をしても後からあだこだ言われるわけで(村山富市元首相が好例ですね)、それを考えると上記の文章は如何にも「後出しジャンケン」的な臭い、即ち後世の世人の評価を其の儘横に流して書かれたような気がしなくもないですね。
 言い方が分かり難いでしょうから整理して書きますと、要するに被災をすると精神的、肉体的に追い詰められることがまま在ると考えられ、また政権側の対応はファクターが種種あることを認識していることからどうしても及び腰な物となり勝ち(拉致被害者の家族会と政府の間の軋轢を見よ)となる。そうすると評価はどうしても劣る、またそれを聞かされた人間或いはそれを間接的に知った人間にしても時の政治情勢は悪かったことになってしまう。こういった循環があるような気がします。

 でもでも、このような文章が世人の耳目を引くのもまた事実。勿論此れをお読みの方々はそんなことはないでしょうが、キャッチーなんですよね、要するに。ですから我々は、こういった時であるからこそ、このようなキャッチーな言動に迷わされては決してなりますまいて。

 最後になりますが、この度の震災で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたしております。

 最後、と書いたのでここからは蛇足。
今日大阪維新の会の事務所前を通ったら下手くそな字で上記のようなことが書かれていました。昨今はマスコミ、商業広告どこでもこんな文面を見ます。いや、別に特に悪意をこめて言う心算はないですが、なんとなく「テンプレは怖い」な、と。一遍使われてしまえば、それに乗っかる人は始めにそれを言い出した人と同じくらいの心情を込める事ができる、というのはどう考えても可笑しいでしょう。言霊、というのが存在するにせよしないにせよ、言葉の纏う空気の濃度の違いに世間はもっと深刻になるべきだと思うのですが・・・。


posted by 毛竹斎染垂 (Kechikusai Shimitare) at 00:09| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。